前FBI長官が書面証言、トランプ氏「捜査手放してほしい」:日本経済新聞

前FBI長官が書面証言、トランプ氏「捜査手放してほしい」 (写真=ロイター) :日本経済新聞:

木曜日は、アメリカでは FBI 長官だったComey氏の議会証言(上院情報特別委員会)が大ニュースとして報道されました。彼はトランプ大統領から出張中に突然クビを言い渡されが、(彼に連絡は無く)それも自身もTVのニュースで知るというありさまだった。
トランプ大統領は、選挙戦のときにロシアと何らかの関係があった、もしくはロシアがヒラリーを落選させるために暗躍したがそこにトランプ陣営と何らかの関係性があるのではとの疑いが持ち上がっている。これらのことをFBIが操作しているなら、それは止めてくれ。FBI長官として任務を継続してゆきたいなら、大統領に忠誠を徹底的に尽くせとの持ちかけがあったという証言をしています。(FBI長官の人気は10年、2013年にオバマ大統領により長官に指名された)
FBIは大統領府から独立した機関であることを今回の証言で強調している。

これからのアメリカ政治、引いては世界の状況を大きく変化させる起点になる可能性の強い証言です。注目したいと思います。


コミー前長官「捜査打ち切り指示と感じた」WSJ

コミー氏とトランプ大統領、互いに「うそだ」と非難合戦-議会証言 Bloomberg

FBI前長官証言全容 日経