増やせプログラミング人材、国が「学習クラブ」後押しへ - 産経ニュース

増やせプログラミング人材、国が「学習クラブ」後押しへ - 産経ニュース:



(引用):プログラミング教育について政府が、児童・生徒と地域住民が一緒に学べる拠点づくり



プログラミングの技能を身につけることは、本当に重要なことと思います。

小学校で教えるのは、もちろんいいことなのですが....教える先生がプログラミングを分かっていないので成果を上げるのはなかなか困難でしょうね。小学校での英語教育も同じですね。

小学校の先生でプログラミングが分かっている人などは、ごく少数でしょう。先生という仕事は、守備範囲が広範囲ですから大学などで勉強しなかったプログラミングを自分で学習して、児童に教えるのは全く無理でしょうね。英語はそれなりに大学のときに勉強しているはずですが、英会話ができる先生はごく少数派ですよね。


英語やプログラミングを習得することは人生において、極めて役に立ちます。

しかも、これからの時代においては必須と言ってもいいくらいの重要技能です。



しかし、このようなニュースはTVのワイドショーで取り上げないので(視聴率稼げないから)、多くの国会議員も無関心でしょうね。国会議員がこういう問題を「重要だ」と捉えて議会の論戦でより効果のあるプログラミングの教育方法を考えてゆくというような方向なれば、日本は世界のリーダーになれるでしょうね。しかし、無いものねだりでしょうかね。

(野党の議員という人たちは、ショウモナイことに延々と時間を費やしてなんとかTVに映ることだけにキュウキュウとしている..としか私には見えない。)



官僚のみなさんと自民党などの意識ある人たちが、誰一人野党が関心を持たない(従って反対もしてこない)このような制作をドンドン進めて行ってほしいものです。