アマゾン、国内で1兆円超 16年度本社調査  :日本経済新聞

アマゾン、国内で1兆円超 16年度本社調査  :日本経済新聞:



アマゾンの売上が相変わらず旧伸長しているとの記事です。

利用してみたら分かることですが、非常に便利かつ安い、利用しやすい、サービス満点という印象です。(我が家はアマゾンの利用が非常に高い)

ITを徹底的に利用したサービスに徹しています。スマホとパソコンの両方での利用がやり良いです。デジタルテクノロジーをフルに使うことに徹していることが利用するとよく理解出来ます。



今の注目の一つが、先般都心で始まった「アマゾンフレッシュ」という生鮮品を注文した4時間以内に自宅や職場に届けてくれるというサービスです。指定した時間に持ってくるのでべんりですね。注文はスマホやパソコンからできます。商品の値段は高くない、安いと感じるものも少なくない。取扱商品の巾は極めて広い。買いたいものが無かったということが少ない。

サービスエリアは、広がりつつあるようです。スタート時点では、地域外だった川崎市宮崎台が調べたらエリアに入っていました。

この三芳町がエリアに入るのは少し時間が掛かるかもしれないけど、始まったら是非利用したいと思います。














生協:総事業高 3,484,212百万円 101.1%

今年、来年あたりから小売業界に大きな異変が起こると思います。デジタルテクノロジー(ITもしくはインターネット技術と呼び変えてもいい)の急速な進化がそれを引き起こします。さまざまな局面で革命が起こりますので、分かりにくいのですが気がついたらモノを買う習性が数年まえと大きく変わっていたということになります。小売業界の地図に当然大きな変化が出てきます。