民泊条例可決 大田区 でこれからどうなる...

来日観光客の急増でホテル不足が深刻化しています。


世界ではairbnbという民泊を斡旋するサービスが数年であっという間に普及して確実に定着してしまいました。日本にのすでに入ってきていますが、法的に問題がありましたが大田区などが民泊を認める条例を作りましたので普及してゆくでしょう。airbnb (エアビーアンドビー)についての詳しい解説はこちらを参照ください。





これから日本が世界の中で生きてゆくには「観光客」にたくさん来てもらうことは重要です。それもアジアからの観光客が重要になります。さまざまな対応が必要でしょうが、一つはホテル(宿泊設備)の充実です。そのキーとなるのが民泊です。


既に民泊が普及期に入ったのでその実情と今後の展望について知っておくことは大切と思います。


ここにもインターネットが強く絡んで来ます。観光に来る人で事前の情報収集や滞在中の情報収集などでインターネットを利用しないで来る人はいません。観光にどのようにインターネットが利用されているかを知らねばならないです。当然、観光客が利用するのはスマートフォンです。スマートフォンは生活していくにおいて重要な機器です。





以下は報道資料です。

「簡易宿所」の要件を緩和 民泊、許可取得義務化でルール整備

厚生労働省は9日、自宅の空き部屋などに旅行者を有料で泊める「民泊」を、旅館業法で定める「簡易宿所」と位置付けた上で、簡易宿所の要件を緩和する方針を固めた。成長戦略の一環として「観光立国」を掲げる安倍晋三首相が、宿泊施設不足の解消に向けた規制緩和を指示したことに対応。






ホテル不足対策として、民泊の活用が期待される=平成27年10月8日、大阪市中央区


外国人旅行者の増加で不足する宿泊施設を確保するため、マンションなどの空き部屋を活用できる「民泊」条例案が、23日の大阪府議会総務常任委員会で可決する見通しとなった。国家戦略特区の規制緩和策の一環で...






外国人観光客の急増で課題となっている宿泊施設の不足を解消するため、東京・大田区が区議会に提出していた、いわゆる「民泊」を一定の条件で認めるための条例案は7日に可決されました。大田区では早ければ来年1月から、全国に先駆けて条例に基づいた民泊が始まる見通しです。














京王電鉄も民泊に参入とのニュースがありました。日経 12/15