国籍不明船相次ぐ漂着、10隻から計23人の遺体

このようなニュースがありましたが、みなさんご存知でしょうか?
国籍不明船相次ぐ漂着、10隻から計23人の遺体 日本海沿岸に北朝鮮漁船か
ニュースであまり報道されていないように感じているのでこのブログの記事にしてみました。私は2週間ほどまえに知りました。なんだか不気味な「事件」です。北ではどういうことが起こっているのでしょうね。

今日はBBCのニュースでまた詳しくやっていたので日本語のニュースを検索してこの産経の記事を見つけました。
死因などを調べる日本の捜査官

ネットで検索しみると大手新聞のニュース記事に詳しいものは見つかりません。情報が無いため報道できないのでしょうかね。

記事のリード部分:
北海道から福井県にかけての日本海沿岸で10月以降、国籍不明の木造船の漂着が相次ぐ。海上保安庁によると、計10隻で23人の遺体が確認された。船体の特徴から北朝鮮の漁船とみられる

BBCの概略:
この2ヶ月間で13隻の船が漂流して日本近海にとどきその中に少なくも20体の腐乱死体が乗っていた。
これらの船についての情報は殆ど無いが、北朝鮮からと推定される。
船は無人であるものと死体だけが乗っているものであった。発見された海域は福井県から北海道にかけてである。
乗っていた死体は、全てが腐乱状態とか白骨化している状態だった。かなり死んでから時間が経っていることを示唆している。
このように無人船や死体ののった船が日本海やロシア領に流れ着くのは昨年一年で65回あったと沿岸警備隊は言っている。しかし、今年は通常年よりも少々多いとのことである。
これらの船は北朝鮮の漁船と推定される。

推定としては、北朝鮮から脱出しようとした船ではないかとの説がある。中国国境の警備が非常にきついので船で逃げる。しかし、専門家は北朝鮮から脱出であれば距離的に近い韓国に行くはずである。わざわざ遠い日本に行くことはない。

日本海でカニやハタハタなどの漁をしていたがGPSなどをそなえない貧弱な装備の船であるため日本海のちょっとした嵐などで遭難したのではとの推測も有力である。日本海のこの11月の海上の天候は例年と変わらない程度であり今年が難破船を特に生み出すほどではないと気象庁の担当は語っている。

漁船に乗って漁をしていた人たちは、大漁によって上層部への貢物をより多くしたいと無理をしたためではとの観測もある。そういう行動を兵士や漁師たちは迫られているのではとの。北朝鮮では農業不振で農産物の価格が上がっている状況にあり、これも漁業で無理をする要因と指摘する専門家もいる。