マイナンバー、届きましたか? (日経)

日経に「マイナンバー、届きましたか?」という記事がありました。
マイナンバーについて比較的分かりやすく納得のいく解説です。
アンケートも付いているので答えたり、どのような結果が進行しているかを見るのも参考になると思います。

引用:
私たちの個人情報はいろいろな「番号」で管理されています。基礎年金番号や健康保険被保険者番号、雇用保険被保険者番号、パスポート番号、住民票コードなど。縦割り行政のもとで各機関が個別に番号をつけているため、行政手続きを行う際には個別に対応しなくてはなりません。

そうした面倒な手続きを簡素化することを目的の一つとして、マイナンバー制度が導入されました。
−−−
マイナンバー制度について、政府は3つの効果――「公平・公正な社会の実現」「行政の効率化」「手続きの簡素化」――を見込んでいます。

マイナンバーを使えば、所得や行政サービスの受給状況を的確につかむことができ、不当な負担逃れや、社会保障の不正受給をなくすことが期待できます。

また、それぞれの行政機関で行っていた情報の照合や転記、入力といった作業が簡略化できれば、事務負担の軽減が可能になります。

さらに、サービスを受ける側の国民にとっても、関係する行政機関に各種書類を取り寄せ個別に申請するといった手間が、マイナンバーを使うことで簡素化されるといったメリットがあります。


こちらにこの記事に少しコメントをつけて解説しておきました。参考にしていただければと思います。