エストニア、独自の仮想通貨「エストコイン」発行を検討 国家初のICOへ - ITmedia NEWS

エストニア、独自の仮想通貨「エストコイン」発行を検討 国家初のICOへ - ITmedia NEWS:



まだ、検討中のことであり詳細部分は発表されていないのですが一昨日(8.22)にエストニアが仮想通貨を発行することを検討しているとブログで発表しました。

すごく乱暴に言うと、国がビットコインを発行するということです。国家として仮想通貨を発行するということで、ネットでは世界的に大騒動になっています。

エストニアは世界一完成度の高い電子政府をすでに持ち、日常的に運用しています。日本からもエストニアへの視察は政治家も含め頻繁になされています。



この計画にたいして、この分野では世界一ともみなされる天才Ethereumの創業者Vitalik Buterinが手を貸すとの情報があります。この人、まだ23才か4才です。ビットコインを研究していてその基盤技術となっているブロックチェーンを発展させてイーサリアムという仕組みを作り上げました。瞬く間に世界に広がり、日々ネット上ではニュースが飛び交っています。



国家が仮想通貨を発行すると言う日はそう遠くはないと見ていましたが、こんなに早くその計画があると発表する国が出てくるとは驚きです。中国のような自国通貨に信頼を置かない国民が多い国では、現在の通貨「元」を仮想通貨に切り替えてゆこうという動きはいつも噂に上っています。しかし、困難や障害も多いのでしばらく先のことと多くは構えています。



日経新聞にもこのような記事がでました。内容は、なんとも分かりにくい、浅い記事です。参考程度の目を通しておく価値くらいはありそうですが...

こちらのサイトはより詳細なので参考になりそうです



通貨というものの概念が一挙に変わってしまう時代が始まったと言える事件です。注目してゆきたいと思います。