加計学園の報道されぬ真実、黒幕は総理・官邸・内閣府ではない! | 岸博幸の政策ウォッチ | ダイヤモンド・オンライン

加計学園の報道されぬ真実、黒幕は総理・官邸・内閣府ではない! | 岸博幸の政策ウォッチ | ダイヤモンド・オンライン:

↑ここに書かれている程度のことは、大半の国民の認識に合致すると思います。



マスコミと4野党は、迷走もいいところですね。

マスコミは、視聴率さえ取れれば事件をでっち上げて番組を作り上げる。こんな問題は今の日本国にとって"ほんの・ほんの"小さなこと、些事と言うやつです。公共の電波を自社の収入(広告費を稼ぐ)につなげることだけを考えている。TVしか情報を得る手段の無い情弱の人たちを操って、銭稼ぎをしている低劣な企業です。


野党も政治家としての矜持があるなら、内容のあることで国会で政府を追及したり国民にこういう方向に日本を持っていく必要があると方向性を示したりすべきです。(あの森友の話はもうネタ切れでおわりですかね。尻拭いもなにもなし。)

こんな日本の隅の隅のどうでもいい話に国会という「国権の最高機関」を使い捨てするようなことに少しは嫌気がささないのだろうか?投票する国民というのは馬鹿なんだからこんな程度のことをして「あの政治家、熱心にやっている」という印象を与えられるとかんがえているのでしょうか?こんなポーズを取ることが投票に効いてくるんだと考えているんでしょうね。ますます、民進党は沈んでいくばかりですね。(決して素晴らしい政権ではないけど)安倍政権の力がその反作用で強化され、評価が高まるだけです。

またも、民進党のオウンゴールになったようです。情報は圧倒的に政権にある方がもっている。あの前次官の悪行は全て掴まれていることくらいわからないのだろうか。あまりに低劣だから出しては来ないだろうけど、万一のときには決定的な証拠(=[実地調査]を脆くも打ち砕く)をそれとなく漏らしてくるだろう。全て写真に撮られているし、相手をした女性の証言も抑えられているはず。

----
若干、テーマが逸れますが... マスコミのヒドさが分かる例を見つけたのでご紹介
東京新聞って、しかしスゴイ新聞社ですね。このような幻想を書いているとは!!
(私からすると、このような記事を書く記者はアタマが狂っているとしか思えない。しかし、この新聞を毎日、毎日読んでいる普通の人たちはこの記事内容に共感しているのでしょうか?新聞とTVのワイドショーしか情報源を持たない人たちはこの記事がマトモな内容と読み取っているのでしょうか?しかし、現実はそのような人はドンドン減少するので、これら扇動者たちは孤立を深め、次第に過激になってゆくのでしょう。最近、そのような兆候がよく見れるようになってきましたね。民進党の党首もスキャンダルでなんとか点を稼げないかと血眼という印象です。日本のこれからについてを展望した建設的な提言など彼女の口からほぼ聞こえてこないですよね。)
東京新聞は購読したことは無い... しかし、中京地区にいくと名称が中日新聞に変わります。三重県の生まれなので、中日新聞には親近感をもっていたけど。(昔は、野球は中日を応援していた。最近の野球は興味なし) 中学生のころまでは自宅では親父が中日新聞を取っていた。何十年も昔の話だけど。あの頃もこんなヒドイ内容だったのだろうか?親父は決して左翼ではなかったが。
この記事への2chの評価(マトモですね)

もう一件、東京新聞の自社の(歪んだ)主張を場当たり的やっている記事(4月5日と5月26日の比較)
このような記事を書いている新聞を金だして読まされる読者は哀れですらあるように感じます。(何人もの余程の左翼活動家が編集室の幹部の席を締めているのでしょうね。)