ブロックチェーン技術について

(予備知識)
分散型システム:
世界中に点在するパソコンにデータを置くこと。一つの場所にデータを置かないようにする。一つや二つのコンピュータが破壊されたとしてもネットワークは生き続けることができ、データも毀損しない。
そして、これは中央集権の対局としてのインターネットが作りだした構造です。


ブロックチェーンは、サトシ・ナカモトという正体不明の人物が論文を発表したことで誕生した技術です。論文内で、かれは「信頼できる第三者」が不要な決済システムというものを作るとしています。つまり、ブロックチェーン以前においては、銀行・クレジットカード会社(VISAとかPayPalなど) や政府といった「信頼できる第三者」が存在していた(今もその時代ですが)。その第三者機関が認めることで取引(決済)が成立している。

しかし、ブロックチェーン技術を使うことになるとそのような第三者機関は不要になります。取引(=正確には「トランザクション」と呼ぶ)は、ブロックチェーンを使うことで買い手と売り手が直接取引ができてしまいます。しかし、絶対に近い確率で不正が行われないのです。(不正出来ない仕組みと言い換えることができます。)

ブロックチェーンでは、レジャー(Ledger)と呼ばれる一種の台帳がインターネット上で公開されており、人それぞれが所有するウォレット(財布とでも訳することができる)にいくら使うことができる数値が存在するかが分かるようになっているのです。

(引用)
例えば悪い人が「俺のウォレットには10000BTC(ビットコインの単位)入っているぞ!」とウォレットの残高を偽装しようとしたとしても、その人のウォレットに10000BTCが入っているという記録がブロックチェーン上にそもそも存在しないことが皆にバレているため、その悪い人が自分の持っている以上の仮想通貨を使おうとした時点でそのトランザクションが拒否されます。
全取引履歴のデータが世界中に散らばっていて、皆でシステムを監視しあっているため、特定の人によるシステムのハッキングを防止することができるのです。

お金のやり取りをブロックチェーン技術を使うことで、従来までのように一部の力を持った支配者の支配下でしか出来ないのではなく、世界中の人と自由に安全にスピーディに取引が出来るようになります。

ブロックチェーンを技術の基盤としている暗号通貨(仮想通貨)においては、国が隅々まで統御するということができません。ブロックチェーンのシステムの核心が(上述したとおり)世界中に分散しているからです。

ブロックチェーン技術は、最近になってさまざまな分野に応用利用が出来ることが分かってきました。
なかなか理解しにくいですが、株の取引、車の売買、不動産の取引などなど...もっと拡大すると選挙の投票などにおいてもブロックチェーンで不正のない仕組みができるとも言われています。身近なところではお店が発行するポイント(カード)の取り扱いなどもブロックチェーン技術で代替される時がくるといわれています。

参考サイト

ブロックチェーンについては、とても分かりにくいのでこれから何度か角度を変えて書いてゆきたいと思います。ブロックチェーンが理解できないと暗号通貨の概念が捉えられないのです。ビットコインを代表とするような暗号通貨がもうすぐ私たちの生活シーンに入り込んできます。数年以内だと思います。