アマゾン、銀行の常識を破壊…わずか審査1日で融資

このような記事↓がありました。

アマゾン、銀行の常識を破壊…わずか審査1日で融資、金融機関の独占崩れる

今までの銀行融資の常識が覆り、まったく新しいビジネスの世界が構築されようとしていると捉えねばなりません。(記事の概要を下記にまとめてみました)

Fintech概要

  • 米国中心に発展してきている
  • スマートフォンによる決済や送金
  • クラウドファンディング ※1参照
  • オンライン融資
  • 暗号通貨(Bitcoinなど)
  • 個人財務管理(デジタル家計簿) などを指す

いずれも従来の方法や制度を破壊し、需要サイドに劇的な価値や便益をもたらしている

オンライン融資の例
銀行からの融資を受けるには従来(現在もそうだけど)だと結論が出るまでに要する期間は、数週間掛かるのが普通
しかし、オンライン融資では、金融機関のように担保や事業計画ではなく、EC(電子商取引)における販売実績や決済データなどを基にして融資が実行される。

Amazonレンディングでは、融資対象者を「Amazonマーケットプレイスでのビジネスにおいて実績のある法人の販売事業者」に絞り、短期運転資金を貸付けているため、融資の申し込みから結論がでるまでに最短では1日である。ローンの入金までには最短5営業日と短い。資金が急いで必要な企業にとって非常にメリットがある。


クラウドファンディングCrowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。
防災対策や市民ジャーナリズムの構築、ファンによるアーティストの支援、政治運動資金の調達、ベンチャー企業への出資、映画制作、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。