千葉市に於ける ドローン宅配についての情報がありました。

千葉市は「ドローン特区」の指定を受けています。
大規模マンションが幕張地区に建設されるのでそこで商品などの配達にドローンを利用できるようにすることを進めています。

この写真は単なるイメージです

2020年を目標にヤマト宅配便などの物流施設からマンションにドローンで荷物を運び、そこから再度ドローンを使ってマンション上層部に運ぶという計画らしいです。
世界最大のインターネット通販会社 アマゾンも同様のことを計画し既にいろいろと実証実験なども進めているようです。この会社は世界規模で計画を進めています。アメリカ、カナダ、イギリスなどで進めている情報がよくインターネット上に流れてきます。

ヤマトなどの宅配業界は、人手不足が深刻になっている。ドローンを使うことで配送の人員を削減できます。
また、都心部などでは交通渋滞が物流の効率を大きく悪化させている状況にあります。都心の上空を使えば渋滞の問題は一挙に解決してしまいます。千葉市の実験では受取人が不在でも荷物を受け取れるシステムの開発も同時に行うそうです。

ドローンをさまざまに社会システムの合理化や効率化に使っていくことは、世界各国が競って進めていることです。日本政府も積極的に後押しをしようとしています。
意外と早い時期にドローンが私たちの生活をより便利にしてくれる日が来そうです。

詳しくはこちらを参照ください。