印鑑証明なんかいらない?


千葉市長はいいですね。
こんなITが理解できる人がリーダーになってくれないと日本国がどんどん世界から遅れてしまう。
ITという今までの世界を変革する技術革命(パラダイムシフト)が大きなうねりとなって世界で燃えたっていることを感覚として理解できる人がリーダーになってくれないと困る時代になっています。

印鑑証明なんかいらない? 熊谷俊人・千葉市長のツイートが話題に
この記事にもありますが、マイナンバー「個人番号カード」を使えば印鑑証明に代わる機能を持たせることは容易にできる事になります。個人番号カードとは身分証明書そのものなのですから。

今回のマイナンバー制度は、大変に広い範囲に利用ができる制度設計がなされています。ITの技術を全面的に活用できるのです。私たちの生活もビジネス世界も数年〜20年くらいかけて革命的に変化してゆくことになります。
このあたりに感覚の良い政治家が必要なのです。(このブログでエストニアの例を紹介しています。参考にしていただくといいと思います。検索窓に「エストニア」といれてみてください。)

マイナンバー制度は危険だから廃止だとか、どうにも時代に逆行することを唱えているのを聴くとホント呆れ、がっかりします。