マイナンバーカードとポイントカード一体化

マイナンバーの個人番号カードと誰もがうんざりするほど保有しているさまざまなお店のポイントカードを統合しようという動きへのニュースです。
大臣の肝いりでも実現は無理?マイナンバーカードとポイントカード一体化
全てのポイントが「個人番号カード」一枚に統一(集約)されたら便利になりますよね。
技術的にはなんらの問題はありません。そういう可能性をもともと想定してマイナンバー制度は設計されています。

個人番号カードカードにはICチップが付いていて、これを活用することで実現します。
マイナンバーとは、関係なくできるので「マイナンバーが漏洩してもなんらの関係がありません。」マイナンバー漏洩は「恐ろしいと」脅しが各所で見られますが、な〜んにも恐ろしいことなどありません。こういう複雑でしっかりした設計を知らない連中が吹聴しているだけです。
図書館の利用カードは、早期に実現してほしいものです。(三芳町図書館の管理者は厳しいのです)しかし、カードを管理するのはとても面倒なのです。カードがありすぎて...
「個人番号カードをデビッドカード、クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカード、診察券などとして利用」することができるのです。医者も数か所かかっていますよね。薬局含めるとそれだけでカードが10枚も普通は持っています。1枚に統合して欲しいとだれでも願いますよね。(漏洩の心配はありません。くれぐれも)

この記事では、ポイントカード発行元が嫌がるのではと...とのことですが、利用者が望めばやらざるを得なくなるでしょう。数年で決着が付きます。