More employers setting up nap rooms for weary workers


昼寝の効用を説く記事です。
昼食後に20分の仮眠をとることが健康や仕事の効率を高めるのに極めて効果的であることを書いています。
企業は仮眠室を作って、従業員に利用させるとパフォーマンスの高い成果が得れるとのこと。しかし、そのような企業は殆ど今のところ見受けられない。
高血圧、糖尿病、うつなどの現代病にも大いに効果があるようです。
理想の睡眠へのアドバイス

  1. 夜は7時間~9時間の睡眠をとる
  2. 土日も含めて決まった時間に就寝し起床する20分以上の仮眠(nap)は禁物
  3. 就寝の1時間前には電子機器は電源を落とす(TVなども)
  4. 寝室は暗めにし静かにし、できれば18度から21度くらいの温度に設定する
  5. 就寝3時間前にはスパイス系の食事と酒はは止める。カフェイン系飲料は午後から夜は摂らない


More employers setting up nap rooms for weary workers: