BBC News - Antibiotics resistance 'as big a risk as terrorism' - medical chief


(born 24 November 1949) the Chief Medical Officer for England:Professor Dame Sally Daviesが耐性菌(抗生物質が効果を発揮しない)問題へ強い警告を発しているというニュースです。
原因の一つは、抗生物質の使いすぎ(ウイルスが原因なのに、ちょっと風邪引いたくらいでも医者が抗生物質を使うなど)。
これまで効き目を持っていた菌(E.coliやMRSA)などが次第に耐性を持つようになってきている。
製薬会社は、採算が合わないので(開発が困難になっている)新薬の開発を行わなくなってきている。金がかかったり時間がかかっても、新薬の開発に注力すべきと警告している。
病気になって病院に運び込まれてもそれに効く抗生物質がなければ、治療の方法がないのが実態。その状況が急速に拡大している。
抗生物質の新薬は(この記事の下部に図があるように)1988年依頼開発が無い。


BBC News - Antibiotics resistance 'as big a risk as terrorism' - medical chief: