US pulls staff from Cuba over 'specific attacks' - BBC News

US pulls staff from Cuba over 'specific attacks' - BBC News:



昨年末ころから、在キューバ アメリカ大使館で館員が正体不明の攻撃に合い脳を襲うトラウマ、難聴、めまい、嘔吐などを発症してきている。

原因調査にはFBI、カナダの警察関係、キューバがあたって来たが明確な原因は突き止められていない。



昨年末に米大使館員と少なくも一人のカナダ人が異常な症状が出ていることに気がついた。

5月には、米外交官を護る義務を果たせなかったとして二人のキューバ外交官を国外退去させた。

8月には、16名がこの攻撃によって治療を受けており、なおそれは止まらないと発表。

9月初には、攻撃はなお続いており19名が被害と受けていると発表。

9月29日、外交官の引き上げ(大使館員の半数)を決定し、同時にキューバを訪問する米国人にもキューバ旅行を控えるように警告を発した。現在21名の大使館員が被害を受け発症している。



「攻撃」の内容については、音波によるものと推定されている。ヒトの耳には聞き取れない周波数の音を発信する機器によるものであることがあり得る。増幅された超音波を発信するにはそれほど大きな機器を必要としないし戸外からでも攻撃のために発信することで被害を与えることが可能。

アメリカでは、暴動などが発生したときに警察官が電磁波を発して人が耐え難い感覚に襲われる機器を使っている。「the Active Denial System (ADS)」と呼ばれるもの。



キューバとの外交関係は、今のところ継続してゆくとしている。キューバも原因究明に尽力していとしているため。



キューバとの外交関係はオバマ政権末期に回復された。大統領がトランプに代わってからは、外交関係の後退が政策としてなされた。あるキューバ人によれば「トランプになってからオバマ時代に進展してきたすべてが失われ、全てが元に戻ってしまった。」と嘆いている。