Cassini hints at young age for Saturn's rings - BBC News

Cassini hints at young age for Saturn's rings - BBC News:

土星探査機「カッシーニ」この9月15日で活動を終えます。以下はこちらから参照

  • カッシーニ は、NASAと欧州宇宙機関(ESA)によって開発され1997年に打上げられた。
  • カッシーニには惑星探査機 が搭載されており切り離されてタイタンに着陸し、大気の組成・風速・気温・気圧等を直接観測した。


成果:カッシーニが土星軌道に投入されてからの10年間の成果

  • ホイヘンスプローブをタイタンに着陸させた。
  • エンケラドゥスが氷のプルームを活発に吹き上げていることを発見
  • 土星のリングが活発で動的であることを明らかにし、惑星形成の研究に寄与
  • タイタンが地球のように雨や川、湖、海を持つ世界であることを発見
  • リングの垂直構造を明らかにする画像を初めて取得
  • 北極の6角形(ヘキサゴン)の様子を初めて完全に観察し、土星両極の巨大なハリケーンを発見


一般相対論の検証
木星付近で、一般相対性理論を検証する実験の再現に成功した。すなわち、太陽の近くをかすめるように電波を発射し、太陽の近くを通らない場合より到達に時間がかかることを証明した。これは、重い天体の近くで時空が歪むというアインシュタインの理論と整合する。

記事のサマリー
土星の環は比較的若くて一億年程度かもしれない!
探査衛星Cassiniの観測で分かってきた。もしも、これが正しいなら我々は太陽系の長い歴史の極めて特異な地点にいて土星を見ていることになる。
Cassiniは9月15日に土星に衝突して終結を迎えるのだが、あと二回土星に接近して観測を行う。Cassiniは既に燃料が少なくなっておりこのまま衝突をさせないでおくと土星の月に激突する可能性がある、これは生命の存在があり得ると推定される月を汚染しないためである。
この最後の半月の時間は十三年前土星に到着させたときには考えていなかったことである。
残り6日サイクルでフライバイして環と土星の間を経過して貴重なデータを送ってくる。
巨大な土星と環の関係による詳細な重力場のマップも作ることになる。
Cassiniは環の質量を測る。土星は46億年前に誕生したが、環もそのような遠い昔からあるとするともっと質量が大きいはずだがそうではない。環は最近になってできたのかも知れない。
環は彗星や近くに来た月なとが破壊・破裂しててできた可能性が考えられる。
環の構成物が一様ではないことからこのようなことは何回か起こったと考えられる。環は氷と岩石で出来ている、岩石は地球の大きな山程度が最大。
断言するには早すぎるが環は1億年とかそれ以上という非常に若い可能性が考えられる(まだ、データが充分ではない段階である)
また、残り18日間の間に多くの写真を期待する科学者たちもいる。9月14日は『Last Picture Show』として期待されている。
これからの日々では、タイタンやエンケラドスという月の写真、土星の北極で見られる六角形の奇妙なジェット気流、環の中にあるPeggyと呼んでいる小さな小さな月(の元と思われる)の写真が期待される。
最後の土星への突入時には土星表面の大気のデータも収集される。
9月15日金曜日(日本時間)18時54分に時速12万キロで突入して通信が途絶えることになる。

土星の一日が何時間かも今は分かっていないが、これも解明できる可能性がある。
土星の環は7つある。広がりは地球と月の距離の四分の3程度と非常に広いが厚みはそれに比較すると非常に薄い。