Cashless Society: Is This What An 'E-krona' In Sweden Could Look Like?

Cashless Society: Is This What An 'E-krona' In Sweden Could Look Like?:



スエーデンにおけるデジタル通貨「eクローナ」の発行についての考察

19年までに発行について判断がなされる予定。

スエーデンでは、カードなどでの支払いが既に主流になっており、現金流通が日本とは全く異なり少なくなっている。

デジタル通貨の発行によって、現金を無くすことはないと言っている。現金を補完するものとのこと。

デジタル通貨の発行がどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるかを広範囲に検討を重ねている。



デジタル通貨が主流になれば、その流通の全てを国がトレースできるので脱税や犯罪に現金が使われることがほぼ無くなる可能性がある。現金を運搬したりやり取りしたりすることによるコストは膨大なのでこれも削減できる。

国は現金を発行することで得られるシニョリッジ (seigniorage)利益を捨てることになるが、それを上回るメリットを国民が得ることになる。