日本から一万円札がなくなる日 -国家のデジタル通貨発行について- 1/2

日本から一万円札がなくなる日 -国家のデジタル通貨発行について- (1/2):



おおむね分かりやすく間違いの無いデジタル通貨についての解説が書かれています。

世界は、ここにあるような方向に急流となって走り始めています。標題は「1万円札がなくなる日」となっているけどこのことはほとんど書いてないです。(そこまで行く前に文字数が制限に達したのかもです... )1万円札をなくすることは日本にとって重要で急務のことです。ブログの別のところで私が書いています。



ここではデジタル通貨と書いていますが、正確に書くなら仮想通貨もしくは暗号通貨とすべきです。(政治家を目指しているので、なんとか分かりやすくしたい。その配慮でしょうね。)



スウエーデンのことが少しだけ書いてありますが、札や硬貨の通貨発行を止めて全てデジタル通貨にしてしまうという決定を国として来年中に結論を出すと発表しています。現金を廃止するということですね。これは、仮想通貨を発行するということとは別の次元のことです。



日本においても現金社会でいられる時間はそう長くなさそうです。日本は世界でも先進国としては、異常に現金が流通しています。他国では電子マネーが中心になってしまっている、、もしくはそちらに移行をはじめています。



現金社会が電子マネーの社会に変われば、犯罪や脱税が大幅に防げることになります。現金を発行することにかかるコスト、現金を扱うことによるリスク・コストが大幅に減少します。社会の効率化が革命的に実現されます。コストの高い国家が世界の中で生きていけるわけがありません。どこかの先進国が踏み出したら(もう数年以内に何処かではじまりますが)堰を切ったように世界中が現金を廃止することになります。それが実現できるだけのインターネットの技術が既に完成しているからです。基盤は既に整っている。後はリーダーが決断し、間違いのない移行を行う高い能力の技術者をその国が抱えているかに掛かっています。



この記事に無いことで注目しておかねばならないのは、アフリカの数か国などでは既に現金社会からデジタルマネー(電子マネー)社会へ移行を始めているということです。ケニアが有名です。国としてまだ認知が十分ではないソマリランドも英語の新聞では取り上げられています。成功しつつあるので、それに習おうとする国がいくつもアフリカでは出始めています。



この件は、ある日突然に出現してきます。予告が無く実施することがより効能があるという面があるからです。中国やロシアなどではそんな事になりそうです。日本はそれを無視することは、世界での競争に負けることですから出来ません。大混乱の中、追随ということになりそうな予感です。