電気自動車を高性能化する「全固体電池」 どんな特徴があるの?

電気自動車を高性能化する「全固体電池」 どんな特徴があるの? | THE PAGE(ザ・ページ):


EVの成功のカギは、なんと言っても電池の性能です。

現在は、Teslaとパナソニックが組んでリチウムイオン電池の開発で一歩先を進んでいるように報道からは印象を受けます。メガファクトリーがMuskの情報開示の巧みさもあり世界に知られています。



この記事では、日本での全固体電池開発の状況と実用化されるとすれば2025年くらいと書かれています。

こちらの記事によれば、トヨタは早ければ2020年にも実車搭載としています。



全固体電池が実用になると、リチウムイオン電池で開発を進めている会社は全て大敗北ということになるようです。そして、電気自動車が街なかを走る時代が意外に早く実現する事になりそうです。



内燃機関の自動車は、地球環境問題などから既に形勢は不利になっておりEVへの対応が全てを決めるのでしょう。

より詳しい記事がこちらにもあります。