中国共産党の幹部の家族親戚がパナマ文書で出てきた!


Relatives of China’s Top Leaders Are Identified in Panama Papers
ニューヨーク・タイムズの記事です。この新聞はかつて 温家宝首相の蓄財を報道してる。

パナマ文書における中国に関する部分の詳細:
日曜日のパナマ文書の公開いらい中国政府は検閲をひどく強化した。彼らに関わる報道をするメディアに対しては厳しい迫害を行うようになった。パナマ文書に関わるワードをインターネットで検索出来なくしSNSなどで発信することもブロックしている。

中国共産党幹部7名のうちの少なくも3名(習近平主席含む)の家族・近親者が秘密のオフショア・カンパニーを利用していた。

習近平は、共産党幹部に於ける政治腐敗を一掃し清潔な経済の幹部たちで構成すると宣言してきている。一方、中国は世界でもっとも貧富の差の激しい国ではあるのだが。
今回の文書で明らかになったのは、中国における最高権力機関である共産党政治局常務委員会の構成員が関係していたことである。僅か7名の常務委員で構成されている。(任期は5年)
張高麗
劉 雲山の義理の娘がバージン諸島に登録されている会社の責任者でかつてあった。
副首相・張 高麗の義理の息子はイギリスのタックス・ヘイブンに在る3つの会社の株主である。
習近平の親戚がオフショア・カンパニーを運営していた。習近平の義理の弟Deng Jiaguiと習近平の姉であるQi Qiaoqiaoの蓄財についてはブルームバーグが以前に記事にしている。
パナマ文書ではDeng Jiagui 習近平が主席になる以前に3つのオフショア・カンパニーを保有したこと明らかにしている。(既に持っているオフショア・カンパニーに加えて)
中国の政治エリートたちが世界的な法律の専門家や資産家のネットワークを利用していたことを明らかにした。
胡錦濤政権のときに多くの権力を持つ共産党幹部たちはオフショア・カンパニーを保有したことがわかってきている。