常温のビール等を10秒以内で冷却できる装置

コンビニやスーパーなどでは一日中電気を消費して冷たい飲み物を保管し、販売しています。これに使われるエネルギーは店の消費エネルギーの50%以上とのこと。
これが、販売時点で短時間で缶ビールやジュース、ペットの水などをカウンターなどで冷やして売ることができれば大きなエネルギーの節約になります。店の経費が大幅削減されるのはもちろん、国全体における節約も莫大。
そんな装置が出来たそうです。
常温のビール等を10秒以内で冷却できる装置 « WIRED.jp: