Gum disease may have ties to Alzheimer's | Futurity

口腔内の衛生管理がプアーだと脳細胞の劣化を招来しアルツハイマーとの関連リスクが有るとの記事です。
口腔内バクテリアは、脳に通じる血流に入り込みアルツハイマーに似た脳細胞の退化に繋がることがあり得る。これはマウスでの観察で証明されている。
歯肉炎は、風邪よりも広く人間に在る共通の病気である。97%の人が患っている。
歯周病は、65歳以上の人では65%が普通から深刻な症状にかかっている。アルツハイマー病は米国では第六位の死因になっている。5百万人以上の患者数に達する。
世界では、3,600万人がアルツハイマーにかかっている。WHOの数字では。そして、2050年には1億1500万人に達する。
口腔内バクテリアがアルツハイマーを引き起こす証明はまだ無いが、歯茎の病気を防ぐことは重要である。
日に二回は歯を磨く、いつもフロスをつかうことで歯間の歯垢を掃除できる。定期的に歯科医に行ってメンテを行うことも重要である。
歯周病菌とアルツハイマー病の因果関係を証明することが、今回の発表を行った研究者の次の課題となっている。
参考

Gum disease may have ties to Alzheimer's | Futurity: