Easy Ways To Lose Weight - Business Insider

1.朝食を穀物食からたまごに変えよう!
朝食を変えることがダイエットの手っ取り早い方策です。特になにをするでなく、たまごを朝食にあべ、ベーグル(パン)を食べないと体重を減らすことができる。
朝食にたまご(複数)をたべると昼食時の食欲が減り、その後の食欲も36時間後までの食欲もへるのです。これで何にもセずにより少ないカロリー摂取を実現できるのです。
たまごは、食品のなかでもとりわけ健康食なのです。たまごは(嘗てコレステロール値を上げ、心臓病をもたらすの説があったが)悪玉コレステロール値を上げることや心臓病をもたらすことはないとの研究成果が発表されている。
朝、朝食を作る時間が無いようなとき、たまごと野菜なら5〜10分で用意ができます。
2.小さな食器に食品を盛りつけると人間の脳はトリックにかかり多くを食べた気になる。
どれだけ食べるかを決めるのは脳である。なるべく小さな容器(食器)に盛りつけること。より大きな食器に盛り付けると、脳はちょっとしか食べてないと考える。
3.タンパク質の食物をより多く摂ることが食欲をへらし脂肪を燃焼させ、筋肉を作ることに役立つ。
奇妙な理由から、タンパク質は悪者とされてきた。タンパク質は、骨からカルシウムを吸い出し、腎臓の病気の原因をつくりだすと。これは全くのナンセンスはお話で科学としては成り立っていない。
さまざまな実証から言えることだけど、タンパク質は脂肪燃焼を促進し空腹感を減らし、自動的に体重を減らしてくれるのだ。
動物の肉、魚、たまごをもっと食べることがタンパク質を取る最良の方法、毎食これらのタンパク質を取ることが望ましい。

4.低エネルギー密度と繊維質の食品を食べるとより低いカロリーで満腹感を得ることができる。
野菜や果物を食べるといい。
実験では、低エネルギー密度のスープを食べた女性はエネルギー密度のスナックを食べた場合に比べて50%以上の高率で体重を減らすことができた。
野菜には可溶性繊維質が豊富にふくまれている。これは体重減に働くことが研究で明らかになっている。
別の効能として、溶融性繊維は消化管の中でバクテリアにより分解されて酪酸と呼ばれる脂肪酸を創りだす。これは、肥満にならない効果が特に高いと考えられている。
5,炭水化物を摂らないことが体重減に効果的
体重減らすに一番の効果的方法は、炭水化物を避けること。炭水化物の代表的な食物である砂糖、スイーツ、ソーダ水、パンのような澱粉食品を避けること。一日に50g以内に炭水化物摂取量を抑えると減量効果がめざましく高い。
同時にこれは、インスリンレベルを下げることにも働く。腎臓の働きを正常化する効能に繋がる。
6.いい睡眠を取りストレスを避けるとホルモンの機能を正常化する。
睡眠不足は空腹感を増し体重増への生化学的方向を強める。過剰なストレスは、ウエストを太らせる効能をもつホルモンレベルを高めることが知られている。
7.料理油をココナツ・オイルに変えると代謝を促進(脂肪を燃焼)し食欲を減らすことができる。

参考:炭水化物のカロリー

Easy Ways To Lose Weight - Business Insider: