More Connected Homes, More Problems - MIT Technology Review

IOT(Internet of Things)の時代が近づいてきた。2020年には家庭にある電気を利用する機器の多くがインターネットに繋がるようになる。その数は300億個と推定。
このことは私達の生活をより便利にし、コストも下げることになってゆく。しかし、その一方でセキュリティ問題が深刻になってくる。スマホでドアを開け閉めするようになるとそれを管理するサーバーなどがハックされた時は恐ろしいことになるとの警鐘も鳴らされている。
IOTの時代の到来までそう長い時間的余裕があるわけではない。そのタフな時間のうちに想定されるセキュリティ問題を解決してゆかねばならない。

More Connected Homes, More Problems - MIT Technology Review:

(IOTが本格的になる時代は、個人的にはとても楽しみですけどね。)