Why I'm not giving the Weekly Address

アメリカにおける銃による悲劇を抑制するための法案が上院で可決されるかどうかという時にあるようです。
普通は大統領が登場する、週末の「Weekly Address」にフランシーヌ フィーラーという4ヶ月前にNewtonで6歳の次男の息子を銃で亡くしたお母さんがでて、法案の成立を涙ながらに訴えています。
コネチカット州のこの事件では、20人の子どもと6名の先生が銃で殺されました。学校のなかで。
この事件などを景気にホワイトハウスも銃規制に本格的に乗り出し、バイデン副大統領を中心に法案をまとめ成立に努めてきたようです。

Why I'm not giving the Weekly Address :

'via Blog this'