マンション・ビルの大規模修繕情報サイト

マンション・ビルの大規模修繕なら管理見積.com:

マンションの大規模修繕に関しての情報サイトがありましたので参考にご紹介いたします。
管理会社からのマンションの大規模修繕の提案は「設計監理方式」と「責任施工方式」の二つに分かれます。
責任の範囲を限定できる「設計監理方式」が主流になりつつありますが、設計から施工までを一括管理して保証する「責任施工方式」をとっている管理会社もあります。
それぞれの方式には、メリット・デメリットがありますが、一番大きな問題点は、現在の管理会社がいずれの方式を採用するにせよ、建物診断や設計・工事の仕様決定、施工業者の選定、施工監理、完成確認までを一貫してコントロールする点にあります。
管理組合担当者(修繕委員会)は現在の管理会社が提案する工事仕様に基づいた比較見積を取得するだけではなく、建物診断の是非や大規模修繕の方式、結果としての工事費用の比較見積や、施工業者の選定など、選択肢を広げ、適切で信頼のおける工事と保証を得るために、適切なアドバイスと提案を第三者的立場から受ける必要があります。