無料のオンライン講義「edX」が破壊するもの

英語さえ分かればこのような質の高い講義を自由に受けることができる時代が到来した。国境など全く関係なく世界から受講生が集まっている。
運営に関わる人たちのこころはこんなことのようです。
米国では、こうした教育のオープン化プロジェクトに無報酬で参加する、グーグルやフェイスブックのトップエンジニアが後を絶たないという。彼らのモチベーションははっきりしていて、「この変革にかかわりたいと感じているから」(羽根氏)。それを傍で見ているのではなく、身をもって体験したいという衝動が働いているのだ。
大学の講義ではないけど、最近はプログラミングの勉強などもネットで無料で大変に充実したものが受けられるようになってきています。もう、本を大量に買って積読で終わらせる必要もなくなった(汗)、と感じています。
自分のモチベーション次第でなんとでもなる「自由な時代」が来ているのだ。がんばろう!

記者の眼 - 無料のオンライン講義「edX」が破壊するもの:ITpro: