Despite Protection Efforts, Rhino Poaching Soars


サイが危機に貧している。世界の75%のサイが南アフリカに生息している。かつてサイの密漁は減少していたが、近年増加傾向kにある。今年は既に588頭が打たれた。
密猟者はヘリ、night vision gear(夜暗いところでも見える銃)、消音銃器などを使っている。
打たれたサイのツノはアジア市場に向かう。例えばベトナムでは、コカインのような扱いである。性的能力の向上、ガンの予防や治療、二日酔いの回復剤などに珍重されているらしい。
密漁予防にのため、ツノを予め切ってしまうとかツノに殺虫剤などを塗りつけるとかしてツノの価値をなくするなどもやっている。


Despite Protection Efforts, Rhino Poaching Soars : The Two-Way : NPR: