マイナンバー、個人番号カードの申請をiPhoneから行いました。

個人番号カードの申請をiPhoneから行いました。

早速、インターネットでの個人番号カード申請をiPhoneから行いました。非常に簡単、よく出来てます。(申請IDという23桁の数字を入力する欄がありますが、QRコードを読み込むことで自動入力してくれています。なかなかいい。)

スマホを持ってない人の多くは証明写真を撮って郵送することになるのでしょうが、街中にあるあの証明写真撮影ボックスは500円ほどかかるので負担が大きいですね。なにせ家族全員分必要なのだから。

会社のマイナンバーの番号も本日(11.05)届きました。
実際に番号を取得して改めて感じました。この制度の導入は大きく日本を変革するだろうと。
後は、より良い社会へこの制度を利用して変革を加速して行くことと思います。




ご近所の知り合いは、ほとんどが中高年以上の方ばかりのためかマイナンバーの話をすると、何となく「私のマイナンバーのことには触らないで欲しい」との雰囲気の反応が返ります。これは、マスコミが脅し過ぎだと思います。

マイナンバーは他人に知られてもほとんど悪さができるようなシロモノではありません。実害は何らでません。「他者に知られても問題無いもの」と言って良いのです。下のパンフに書いてあります。マイナンバーが漏れたら「その人の人生や財産が大変なことになる」かのように吹聴している今の報道などの姿勢には全くあきれています。

大変な便利で効率の良い社会を作って行けるも制度なのです。マスコミは殆ど有り得ないリスクばかり報道している。また一部の勢力は、何を真の目的にしているのか...「マイナンバー反対」を未だに唱えている!


より良き社会をみんなで創ってゆくという方向で考えて行きたいものです。
国民の一人ひとりに番号(IDと呼ぶのが正しい)を付与しなければコンピューターは処理が出来ません。名前などユニークでない(重複がありうる)符号を使っている今の制度では先日のような「消えた年金記録簿」問題が何度でも起こります。
一人ひとりにユニークなID(重複が無い記号番号)がふられることで、効率的な行政サービス、平等な税制、必要な人に間違いのない福祉の提供、民間活動の効率化などが出来るようになります。無ければ(今の状況ですが)非効率で誤りの多い行政(所得をごまかすことが容易、必要の無いひとに生活保護を提供するなどなど)がまかり通ります。

---- 以下参考 ----

スマホ申請した時の返信メールです。
※ 個人番号カードが出来たとの案内は郵送で送られてくるようです。こどもの申請などは親のスマホから親のメルアドを使って申請することができるということになります。(使ったメールに確認コードが届くのでそれを受けられるメルアドを登録しておく必要があります。)子ども含めて家族分をお金かけて証明写真機を使うと相当な出費になりますからね。
ーー

前田利人 様

個人番号カード交付申請書受付センターです。
申請受付が完了しました。
申請内容を確認後、発行手続きを行います。
発行手続きにはしばらくお時間がかかりますのでご了承ください。
発行手続きが完了しましたら、お住まいの市区町村より交付通知書が郵送されます。

※申請内容に不備があった場合、一週間程度でメールにて再度ご案内させていただきます。

■本メールは個人番号カード交付申請書受付センターより自動配信しています。
■本メールは配信専用になっております。
 ご返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
■本メールにお心当たりがない場合は、メールを削除いただきますようお願いいたします。


----- 以下は竹間沢公民館で配布していたものです。参考に。(クリックで拡大します)