通知カードが届かない!?(週間ダイアモンド)

(週間ダイアモンド オンラインの記事です。)
通知カードが届かない!? ついに始まったマイナンバー大混乱

こういう呼び方にした方がよく理解出来たでしょうね。→ 社会保障・税番号(マイナンバー)の「通知カード」 マイナンバーとだけ呼ぶのでかつての「国民総背番号制」のような悪い印象で受け止められている傾向がありますね。

今回の通知カードの送付などについてもマスコミはおもしろおかしくセンセーショナルに取り上げるので多くの人は「なんだか怖い」しばらく様子見しようとか「反対!」とかいうことになってしまいますね。

(記事からの引用)「通知カードにびくつく必要はむろんありません。通知カードが届いたら当面、なくさないよう大事にとっておいてください。大企業の皆さんは、勤務先から「通知カードが届いたら、コピーを送付するように」と「マイナンバーキット」を渡されているかもしれません。その手続きに従うだけです。

 なお、個人番号カードを持っていると、いろいろな提出手続きがラクになります。希望する人は2016年1月以降、交付申請してください。

この制度が定着しマイナポータルができたら、このような独占(かつ機能不足の)日本郵便を使わなくて良い方向に進むだろう。そのような制度を作り上げtげ行かないとデジタル社会(既にそのような世の中になっていr)に取り残された非効率でコストばかり高い公務員や社員を大量に抱える日本になってしますうだろう。

そういえば、2,3日前にドアポケットに政党の宣伝チラシが入っていましたね。(引用)「国・自治体だけでなく勤務先の企業にも提示され、個人情報の漏洩やサイバー攻撃のリスクなどはかりしれません。政府は中止・撤回すべきです。
このようなリスクがあるからこそ、この制度が必要なんだけどなぁ...先日の公的年金の個人情報漏洩などもデジタル管理がされておらずアナログ管理しているから起こったこと。今のままなら、何度でも起こる可能性があるでしょう。ベネッセの事件も取り上げているけど、漏洩したけど実質的な被害などなんにも無かったんですよ。人が死んだわけでも預金口座からお金が勝手に減ってしまったわけでも、年金が他人に支給されて自分に来なくなったわけでもないのです。脅しですね。

インターネット社会、デジタル社会、コンピューターが全てを管理する時代に私達が生きていることを認識すべきです。アナログで日本国の運営がやていけるとの幻想をいたいているんだろうか?
コンピューターで完全な管理を行い国民に不公平のない行政サービスを行き渡らせるには、全ての国民にIDを付けることなど基礎の基礎のこと。そして、このシステムを民間りようにも拡大してゆくことで社会は飛躍的に変わるでしょう。そういう社会を私達の子や孫に早期に実現してやることが重要です。透明な社会が構築されてゆくでしょう。また、そういう方向に動いていのかどうかは、国民として時の政権をしっかり監視する必要は認めます。