Russian Official Says Venezuela Is the ‘Best Solution’ for Snowden - NYTimes.com

Snowden氏の亡命については、受け入れ国がいくつかでてきたのだけどSheremetyevo 空港から出て当該国に移るのに困難が多い。
モスクワからベネズエラやニカラグアに行くためには6,000キロの飛行がひつようであり、通常はキューバのHavanaに飛んでそこを経由していくことになる。
モスクワからHavanaに飛行する場合、一時的に米国領上空を飛ぶことになるので、この時に強制着陸などを命じられて逮捕される可能性がありうる。また、最近はキューバとアメリカの関係が好転しており、キューバとしてアメリカの怒りに触れるようなSnowden氏の登場した飛行機を受け入れ、そこから別の国に送るようなことを受け入れるかどうかも分かりにくい。
 また、通常の飛行機を使うのではなくプライベートジェットということも考えれれるが、直行すると16時間程度の給油なしの飛行ができることになる。これもなかなか難しい。また、米国以外の国の上空を通過するとしても米国との関係からその国が飛行を認めず着陸を命じることも考えられる。(先日のMorarles大統領がモスクワからボリビアに帰るときにオーストラリアでそれを強要されたように)

 ロシアは、もうそろそろこの問題から開放されたい意向で、Snowden氏の出国を迫る状況にも来ている。この問題で米国との関係悪化を避けたいため。
Russian Official Says Venezuela Is the ‘Best Solution’ for Snowden - NYTimes.com: