Taliban Step Toward Afghan Peace Talks Is Hailed by U.S. - NYTimes.com

Qatarに政治関係の事務所をおくタリバンは、アフガニスタンでの米とアフガン政府との和平交渉に踏み出すサインをだした。この和平交渉は、18ヶ月前にタリバンが席を立って出て行って以来の大きなすてっぷである。和平は2014年に予定される米軍のアフガン撤兵後のアフガニスタンの安定に決定的に重要なこと。
アフガニスタンの軍事的事項を米からアフガン軍へ移行する状況においてこの和平交渉は再開の兆候がでてきた。アフガン軍への権限移行が進むに従い、タリバンへの攻撃が増加していることも関係している。
2009年以来、米は軍事的に勝利する道を選ぶのではなく外交的な交渉においてアフガニスタン戦争を収める道を極秘裏に模索してきていた。ドイツ、ノルウエー、イギリスの外交官や仲介者がここに至る過程で大きな役割を果たしてきている。また、パキスタンも最近の数ヶ月では、タリバンのリーダーに交渉につくことを説得する大きな役割を果たしてきた。
オバマ大統領、このタリバンの発表は和平への重要な最初の一歩である。しかし、非常に前段階のステップでもあると。発言している。G8の場での発言。
この交渉では前提としえアメリカ側は、タリバンがアルカイダグループと別れることをも求めている。タリバンは、9.11以前はアルカイダを庇護していた。
米欧側は、タリバンに対して武装を解除しアフガニスタンの憲法に従うことを求めることになる。一部の憲法の改正は認められるかもしれないが、米側は女性や少数民族を守り保証する現憲法の部分は守るべきとオバマ大統領は発言。
今週の末には米側の代表団がカタールでタリバンの代表と会談の予定。しかし、第一回の交渉での進展は期待は禁物。
Taliban Step Toward Afghan Peace Talks Is Hailed by U.S. - NYTimes.com:

'via Blog this'