Vegetarians in Mongolia: Putting og in the yurt

モンゴルでは、昔から家畜のミルクやバターを主食として食べて来た。寒い高原地域なので野菜は少なく、食べる習慣もなかった。しかし、経済発展とともに「菜食主義者」がモンゴルにも増えてきたというお話しです。
肉食が心臓疾患や胃、肝臓ガンの原因と考える人が菜食に動いているらしい。
家畜の頭数と人間の数の割合は、12:1とのこと。

Vegetarians in Mongolia: Putting og in the yurt | The Economist: