Joanne Bamberger: TIME's Person of the Year: Why Not Malala?

今年のTIMEのPerson of the Yearは、オバマ大統領だったのですが(二度目)、この記事ではMalalaが良かったのではとの主張。
世界ではまだまだ、女性(こども含む)の教育や仕事の場が極めて制限されている状況にある。そられを開放してゆく象徴としてMalalaのこれまでの行動実績と今回の襲撃、その後の女子教育の必要性への行動などを考えると説得性あります。
女の子が学校で勉強したいと望むと殺されてしまう世界がこの世にあることを知らない人は先進国には普通に多い。そういう実態を世に知ら指向という意味でもMalalaがPerson of the Yearになったらということでもある。

Joanne Bamberger: TIME's Person of the Year: Why Not Malala?: