Liu Xiaobo's wife describes absurdity of house arrest


ノーベル賞受賞者、劉暁波(1955年生まれ)の妻 劉霞の悲惨な幽閉生活のリポート。
終日監視がついている状況の中、この記事は監視人が昼食に離れた時に彼女が語った厳しい惨状を書いている。
夜も二人の女性監視人が常駐していたり、電話もインターネットも無い部屋に置かれている。外に出られるのは買い物の時と週一回両親の家を訪問する時ぐらい。
「このように馬鹿げた悲惨な状況は、カフカですらその小説に書くことは出来なかったでしょう」と彼女は語る。
北京から450キロ離れた場所で獄につながれている夫には、月に一回面会が許されている。中国のトップが代わり、134名のノーベル賞受賞者が(ダライ・ラマを含む)劉暁波と彼女の開放を習近平に書簡を送った。


Liu Xiaobo's wife describes absurdity of house arrest | World news | guardian.co.uk: "Liu Xia"