Woolly mammoth will be back from extinction within two years, say Harvard scientists

Woolly mammoth will be back from extinction within two years, say Harvard scientists:

2年以内にマンモスが蘇る!



ハーバード大の世界的に有名な遺伝学者ジョージ・チャーチ博士の「the Harvard Woolly Mammoth Revival」チームの計画。

北極の永久凍土に埋もれていたマンモスからDNAを採取して使用する。現在地球に生きる象はマンモスから分かれたもの。

マンモスのDNAを象の胚に接合することで、マンモスと象のハイブリッドが生まれると想定している。

既に実験室での胚への接合実験はうまく行っている。実施するときは、人工子宮内にて胚を成長させる計画(代理母としてのメス象を求めるのではなく)



ハイブリッド・マンモスが実現すると寒冷地でも生きる象を作り出すことが出来る可能性ができる。象の絶滅を救うことに繋がる可能性。

CRISPR/Cas9の技術により実現できることである。これが成功しても完全なマンモスが再生するのではなく、あくまでもハイブリッドである。



永久凍土から得たマンモスのDNAから、フサフサの毛、耳の大きさ、寒さに強い血液などの遺伝子を取り出し、現世の像に遺伝子編集技術で取り替えて埋め込む、人工子宮で育ててかつてのマンモスに似た象を作り出す。(現世の像はすでに希少な存在なので、その子宮を使うことは避ける)