5 Things to Know About Crispr - Briefly - WSJ

5 Things to Know About Crispr - Briefly - WSJ:

Crisprについての5つのこと

人の病をゲノムを改編することで治すなどということは不可能なことと思われていた。しかし、技術の進歩がそれに手が届くところにまで研究者を導いてきた。Crisprが人々の想像力を掻き立て、芸術家の心にひらめきを吹き込み、パテント戦争に火を付け科学者の仕事の方向性を大きく変えてきた。今は全ての始まりのときである。



1:Crisprとは?

Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats の略である。(クラスター化、規則的、相互配置、短い、回文配列、リピート)

細菌の遺伝システムである。Crisprシステムは侵入物のDNAを捉えてその情報を細菌のゲノムに取り込んでしまい、これにより次からの攻撃に対抗することができるようにする。



2:Crisprは科学者になぜそれほどに重要なのか?

7年ほどまえにCas9と呼ばれるCrisprシステムにより作られる酵素をリプログラムすることで遺伝子の編集を可能とする道を手にした。それは細菌に於いてだけでなく動物、植物、そして人間に対しても可能なものであった。その酵素はDNAをカットしその部分に意図した遺伝配列に編集してDNAに挿入することを可能とした。このとこは、遺伝病というものを永遠に無くする治療を実現することに繋がるのである。



3:Crisprはどのように使われる?

既にCRISPR/Cas9を使うことでより望ましい病気を発現した動物モデルを作り出している。遺伝子編集された豚を作り出すことに成功しており、その臓器を人間のものとして利用できるのである。いずれ、豚の体でつくった臓器を人間に移植することが実現するだろう。

新興企業が遺伝子編集された作物や動物を作り出すことにのりだしている。そればかりか、失明の回復、ディシュエンヌ型筋ジストロフィー、ガンなどの人間の病気治療への研究に乗り出している。

その他では、CRISPR-Cas3を使うことで抗生物質の効かない耐性菌(スーパーバグ)への対策を研究していることも注目である。



4:Crisprは他のゲノム編集技術より有用なのか?

Crisprでは一度にたくさんの遺伝子を変更することができ、スピードが速く、今までの方法に比べると技術的に簡単でもある。例えば、マウスにおいて遺伝子編集はマウスの胚に直接行うことが可能である、これは特殊な遺伝形質をもった研究用の動物を短期間に作り出すことを実現するものである。アマチュアの科学者においても実験室でCrisprを使えるようにすることが可能なほどである。



5:倫理的な問題はどうなの?

Crisprのこれからについては大きな倫理的な問題を孕んでいる。遺伝子の編集は生きている臓器になす場合はその人間一代限りで、子孫にその改編は伝わらない。しかし、卵、精子、そして胚に対して遺伝子編集が行われた場合は、その人の次の世代全ての子孫に永遠に遺伝してゆくのである。すでに人間の胚に対してのCrisprの予備的な実験がはじまっている(この胚はすぐに死んでしまうものに限っている)。多くの国では現在は胚を使った遺伝子編集を禁じている。しかし、米国ではある条件のもとでは実験は許されるという方向での議論が進みつつある(昨日今日のニュースで既にそういう方向が発表になっている)