今日のほしぞら

夜になり空を見上げると晴れていれば星が見えますね。
「あの輝いている星はなんだろうか?」と思っても俄にはその星のなまえや星座などを知ることが出来ませんね。
でも、それが分かるとちょっとその星に親しみを覚えると思います。

2月6日の18:30ころをiPhoneで撮影しました。
今の時期、このように南西の空にとても明るい星が見えます。
金星のようです。右上に微かに輝いているのは火星のようです。
-4.7等級だと-金星の最大の明るさのようです。今は-4.6ほどなので最大級の明るさですね。(スマホのカメラでもこのように写るわけですね。)

国立天文台のサイトに行くと、星空の状況を非常にわかりやすくしてくれます。
歩いているときに「南西」とか言ってもどちらの方向か迷いますよね。スマホを持っていると、簡単に方角を知ることができますね。

スマホでの今日のほしぞら

iPhone付属のコンパス


以下は参考:勉強のためのメモ
衛星の静止軌道:約3万6000km 上空
ISS:地上から約400km上空

地球の半径: 6,371 km
地球の円周は約4万km
赤道面での直径 12,756 km
太陽からの距離: 149,600,000 km

太陽
地球までの距離: 149,600,000 km
表面温度: 5,778 K
半径: 695,700 km
直径:1,391,400 km

月:地球からの距離, 約38万km.
月の大きさ, 直径 約3476km (地球の約4分の1).
月の質量, 地球の81分の1.