Greek Premier Wins, but Still Faces Difficult Tasks

Wall Street Jounalの記事 2015年7月6日

Tsipras首相は国民投票で債権者側の要求を拒絶する大勝利を収めた。しかし、これは厳しい緊縮を受け入れることなくユーロに留まるということを勝ち取ったのではない。
TsiprasとEU債権者の迫り来る決裂はデフォルトと銀行破綻とユーロからの離脱に導くだろう。ギリシャ国民が得た日曜日の勝利の賞賛はすぐに怒りに変わるだろう。
ドイツをはじめとする債権国は、市場経済が要求するものを拒絶するギリシャに対しての経済支援を明確に反対することになる。
Tsprasは国民に"no"を呼びかけてきた。その結果を得ることでEU側との交渉を有利に行うことができ勝利すると宣言していた。
多くのギリシャ国民は、彼が次のことを実現してくれると期待している。「年金カットなどの緊縮策の終了」そして「ユーロに問題なく留まること」

しかし、EU側は次の交渉にすぐに入ることはなさそうだ。2010年以来続いてきてたギリシャへの経済支援は既に火曜日に切れている。ギリシャは次の新しい救済支援(bailout)を得るには長い交渉過程が必要である。

ドイツなど支援側は、救済支援を行うのは「厳しい緊縮財政」と「根本的な経済改革」を行うことを条件としている。
Tiprasは今回の投票でギリシャ国民に対して"no"を投票する(このような支援側の要請を拒絶する)よう呼びかけたのだ。

新しい経済支援は遥かに遠のいた。ギリシャは7月20日までにヨーロッパ側に対して大きな債務の支払いをしなければならない。これができないと(デフォルト)ECBはギリシャの銀行に対する融資を打ち切ることになる。つまり銀行の破綻が発生する。すでに先週からギリシャの銀行は営業を事実上停止している。

銀行の破綻はギリシャのユーロからの離脱への決定打となる。ユーロからの金が回ってこないとなるとギリシャは銀行を動かすために独自の自国通貨を発行することしかなくなる。

70%のギリシャ国民はユーロに留まることを願っている。"no"と呼びかけた首相はそのように投票したならば、彼ら(留まりたいと願う国民)に対してユーロに留まると約束したはずだが、結局「裏切り・詐欺」を犯すことになっていくだろう。

選挙の結果はTsiprasには勝利だった。しかし、ギリシャ国民にとっては「大崩壊」であり結局彼にとっても同じ結果になる。と分析する専門家がいる。

債権者側は"no"の結果はユーロ圏との共存を拒絶するものだと呼びかけてきた。しかし、Tsipras首相は債権者をこっぴどく非難し、"no"を国民に煽ってきた。

もしも、EU側からの経済支援があるとするならば、それは今まで以上の厳しい緊縮経済の運営を条件とするものとなろうと言われている(緊縮経済を拒絶する投票結果がでたのだが)。

7月20日のギリシャからECBへの支払い期限の日に自体は一挙に危機の頂点に達することになろう。ギリシャの銀行は既に現金は払底しているし、ATMは60ユーロ/dayが引出し限度額になっているが、もう数日内にそれも支払いができなくなる可能性が高いと銀行の責任ある者が言っている。

銀行が現金の支払いを停止し、ヨーロッパ側との話し合いがなされない様相が見えてきている。Tsipras首相へのプレッシャーはますますアクセルが高まっている。