Scientists Just Found the Perfect Spot to Build an Underground Colony on the Moon

Scientists Just Found the Perfect Spot to Build an Underground Colony on the Moon:


月の表面に暗い、はるかな以前に火山の溶岩が流れ込むなどして出来たと推定はされていたクレーター状の影があることは何年もまえから謎だった。今般、日本と米の科学者たちがこれを証明した。将来の月への人類の移住基地をつくるに有益なことにつながる。

この影は、数百年前の火山活動が活発であった時に溶岩が流れて地下に空洞ができたものと推定される。「これは月の成り立ちを科学研究するに役立つ成立時そのままの環境であると同時に人間が将来月に居住するとき安全なシェルターとして役立つ」ものである。NASAとJAXAの科学者チームがレーダーと重力のデータを使って発見したものである。


この洞窟に入れば、人間は太陽からの有害な放射線から逃れることができる。月にはほとんど大気がないので(地球表面はオゾン層や大気によって護られている)この場所は非常に簡易シェルターとして有効である。

月の成り立ちや地質的歴史を探る月周回衛星SELENE(かぐや)からのレーダーのデータ解析でJAXAが解明した。レーダーからの発信した電波の月表面からの跳ね返りを解析すると表面からとある内部からのものを捉えることができ、空洞を推定することができた。

このような空洞の存在は複数があると見られる。

これは、NASAのGRAILミッションでも同様のデータを得ていた。

NASAとJAXAの両方が得たデータを統合すると溶岩洞窟の存在だけでなくその深さや広さをも推定ができた。数キロの長さにわたり少なくも1キロメートルの高さと幅であると思われる。


の一番大きな海領域(黒いところ)である「嵐の大洋」の中程に位置する