Waymo Launches Early Rider Program, Expands Self-Driving Fleet With Fiat Chrysler

Waymo Launches Early Rider Program, Expands Self-Driving Fleet With Fiat Chrysler:

Googleの自動走行車部門Waymoがアリゾナ州 フェニックスで
実験プログラムを5月から大々的に開始!
クルマはFiat Chryslerが製造する大型車 Pacificaハイブリッド・ミニバン。用意する車数は500台。希望する家族を募って、無料で提供。
automated ride-hailing service」という形で提供される。
「ライドヘイリング・サービス」は、自動走行車が走るようになると一般用語となる新語。「スマホアプリによる配車サービス」を意味することばになるのだろう。


意外に速いスピードで自動走行車が世の中に浸透してくるのかも。自動走行車のソフトの部分で勝利したモノが自動車マーケットを握ることは間違いない。既存の自動車メーカーの中には単なる製造工場となってしまうところがたくさんでてくるのだろう。覇権はソフト部分を提供する会社が握る。熾烈な競争が始まっている。

日本もオリムピックまでには、少なくない都市で自動走行車が走り始めるだろう。東京はオリムピック会場の周りで走りだす。