Beijing's air pollution: Blackest day | The Economist

北京の大気汚染が大きなニュースになっています。
風のない日は、汚染した空気が淀んでいつまでもスモッグの空状態(日本ではスモッグって懐かしい言葉になりました。かつて、そんな時代もあったなぁ)、風が吹くと北京郊外の工場からの排気ガスが押し寄せてくるが、これらの工場を規制することは経済を弱めることになるので(?)できない。
また、冬場は暖を取るために薪や石炭を燃やす家庭が多いことも大きな要因になっているそうです。自動車の多さから来る排気ガス汚染も大きな要因。
北京ではスマホ用の大気汚染状況を見ることのできるアプリがあり、それを見ながらの生活みたい。Real-time broadcasting air quality index and air pollution index of 120 major cities in China, the data used is come from U.S. Embassy and China MEP.  https://itunes.apple.com/us/app/id477700080?ls=1&mt=8

Beijing's air pollution: Blackest day | The Economist: "airshed"