Why Printed Books Will Never Die


9歳から17歳のこどもたちの半数は電子書籍派になりつつある。紙本派から電書派に移行する割合が増えている。
電書の利点としては、便利性、選択性、持ち運びが容易、マルチメディア性など...
紙の本は、本棚にきれいに飾られていることが利点の一つ。洗練されたデザインの表紙の本はその事自体が芸術品となる。電書に出来ないこと。
紙の本はそれ自信が「形ある」ことにおいて神聖なのである。
食事をするとき、日々の様々な料理をいつも同じ白い皿載せて食べるのではなく、料理に適したお皿で食べたい。紙の本の表紙や装丁はそんな意味に匹敵するのでは。紙質や活字の相違やフォントの選択などが、その物語に最適のフレーバーを出してくれることがある。
紙の本では40年まえに挟み込んだ地下鉄のチケットがこぼれ落ちて、その日会うために待った人の名前が浮かぶようなこともある。
このような経験を電書は残してくれない。

Why Printed Books Will Never Die: