Googleの自動運転カープロジェクトが独立、研究から技術の商用化へ | マイナビニュース

Googleの自動運転カープロジェクトが独立、研究から技術の商用化へ | マイナビニュース:

グーグルの自動運転車は、特に有名ですが一つの会社として新しいフェーズに入ったようです。

自動運転の自動車が街中を走るのは2020年が各社の目標になっているようです。

国によっては、スエーデンのように自国の重要な機関会社であるボルボを国を挙げて支援しているところもあります。



タクシーやバスといった走行範囲がある程度限られる用途から自動運転は始まりそうです。既にシンガポールや米国の3都市などで走り始めています。

自動運転の時代は当然、ガソリン車ではなく全て電気自動車になります。電気自動車は製造部品がガソリン車に比べると10分の一に近いくらい少なくなるので、既存の自動車会社でなくても作ることができるとも言われています。その代表はTesla社ですね。



自動運転車の時代になれば、事故が極端に減ります。ゼロにはならないでしょうが100分の一とか1000分の一などに事故数は減ります。自動車修理業はどうなるでしょうか、自動車保険はどうなるでしょうか...

自動運転のタクシーが走るようになると、運転手の仕事がなくなりますね。タクシー料金のうち70%が運転手の人件費とのことです。われわれは極端にいうと今の30%の料金でタクシーを利用できる時代がもうそこまで来ているのです。

自動運転車の時代になると、渋滞はなくなります。より時代が進むと信号というものもなくなりますね。私が生きている間にどんな車社会になるのでしょう。想像を絶する新しい時代がそこまで来ています。



高齢者の車事故がなくなる時代も近い!?

踏み間違いの死亡事故 約84%が65歳以上(12.15のNHKニュース)
テクノロジーの力で解決できる時代がきた。安全な自動車を走らせる新しい発想を持ったリーダーを待ち望む。テクノロジーを理解できる人であり、実行力のある人が出てきて、つまらない反対派を蹴飛ばしてやってくれる人。(人気取りでオリンピック会場をあれこれこねくり回したり、魚市場の移転を遅らしたりに膨大なエネルギーと無駄金を注ぎ込むようなヒマはないんだよね。)