Return of the Cicadas on Vimeo

(とても美しいビデオ映像です。)
アメリカ(東海岸の州)に17年に一度、あらわれてくる「蝉」の種類があります。
今年は、その17年周期に当たる年で気温が約17度を超えてくると大量に地中から出てきます。ものすごい大きな蝉の鳴き声が街中で響き渡るそうです。
数十億匹以上の数と言われています。彼らは人を噛んだらり刺したりすることはありません。
地中から出てきたら、木に登ります。安全な地をそこにもとめ、17年間の命の最後の数週間を過ごします。
地中から出て脱皮しらた2、3日回復に費やし体表面が固まるのを待って過ごします。そして、すぐにオスはメスを求めて呼び始めます。彼らの合唱は自然界では最高に大きな音なのです。最初の蝉が地中から出てから3〜4週間この大合唱が続きます。
すべてのオスがメスと巡り合うとは限りません。多くの蝉がうまく脱皮できないことが起こります。羽などが正常にならず命を落とすものもおおい。多くの蝉が他の動物の餌となりたべられる。しかし、大量に生まれるのでメスとめぐりあうオスも大量である。
その後、すぐにメスは卵を産み落とす。落とす。彼女らは木の枝などに奥深く穴を空けて数百個の卵をそこに産む。そこまでで彼ら彼女たちの生が完結となる。
地上に現れい出たとたんに、彼らは滅んでゆくのです。わずか6週間の物語が終わります。
しかし、その後数十億以上の卵が木の上で孵り始めます。卵から出てきた幼虫は米粒大の大きさ。樹の枝を這って、下に落ちてゆきます。地中に彼らの生活の場(安全な場所)をもとめて潜ってゆきます。次の17年後まで....
#この映像作家は、クラウドファンディングでお金を募りドキュメンタリー映像を完成させようとしています。
Return of the Cicadas on Vimeo: