質問なるほドリ:「ゲノム編集」ってどんな技術なの?

毎日新聞の記事です。何を解説しているのか、分かりにくいないようですね。非常に複雑で広範囲に渡る技術の解説をこれだけの短い言葉にまとめたらなんにも分からないですね。しかし、ものすごいスピードで利活用の研究が進んでおり人類に大きな福音をもたらすものでもありますので注目しておかねばならない技術です。他方、倫理面でのリスクなども大きいのは当然あります。
質問なるほドリ:「ゲノム編集」ってどんな技術なの? /大阪 - 毎日新聞:

ゲノム編集は、現在はCRISPR-Cas9(クリスパーキャスナイン)という言葉で理解されます。
ここになんとなく分からしてくれるような解説があります。(これ読んだって理解はできないですけどね。)

注目すべきは、2013年というものすごく最近に実用化がなされたということです。これは、IPS細胞技術とおなじく必ずノーベル賞を取るものです。今年のノーベル賞に選ばれる可能性もありました。しかし、なにせ時間が経ってないので今年は見送られました。日本人の大隅(おおすみ)良典(よしのり)さんでしたね。

この技術のスタート時点では、日本の科学者が大きな役割をはたしました。しかし、実用化の段階では欧米の科学者が道を切り開きました。この技術の特許を巡って現在アメリカを中心におおきな裁判が進行しています。Doudna博士とCharpentier博士(ダウドナとシャルパンティエ 両方女性)のチームとMITのZhang博士(フェン・チャン)のチームの争いです。(現在はチャン博士が特許を認められている。)こちらの話題も野次馬根性で眺めているとおもしろいです。特許の行方で永遠に残る栄誉と膨大な金銭がどちらかに転がり込むことになります。

植物や動物の遺伝子を触ってより人間に役立つように改編してゆくことにとどまらず、病気の遺伝子をもつ子が生まれないような遺伝子治療が現実になりつつあります。また、がん治療の決定的な技術としても大きな注目を集めており、既に始まってもいます。人間が125才とかそれ以上に生きる時代がそこまで来たということが言えるのかもしれません。

ここに分かりやすいサイトがみつかりました。