Malaysia Concludes: 'The Plane Vanished'

Malaysia Concludes: 'The Plane Vanished':





アメリカ側の推定では、MH370(乗客乗員239名)は消息を絶ってから4時間、離陸後では5時間飛行していた形跡があるとのこと。マレーシア側はこれを否定している。

既にレーダーから消えてから1週間に迫ろうとしている。なにが飛行機で起きたのか依然として全く不明。

ベトナムの南東側の海上で石油掘削の仕事をしている人から旅客機が墜落したのを目撃したとその使用者に対して報告があった。「私はマレーシア降雨空の飛行機の堕ちるのを見たとおもう。ちょうど日時ががっちしているのだ。」と。しかし、そのあたりを捜索したベトナム側の報告では何ら見つけることが出来なかったとのこと。

ベトナム側の捜索は縮小されている。一方、日本やインドネシアの捜索チームが現地に入り活動を開始している。

高度35,000フィートの空で航行していた航空機がパイロットから何らの信号を発せずレーダーから消えた。このようなことは航空機史上聞き及んだことがない事件である。想像するに航行中に突如空中分解したことが推定される。しかし、海上には何らの機体の断片が見つからない。航空機事故の大半は離着陸時におこるものでこのような高度の飛行中に事故が起こることは極めて少ないことでもある。