Robots challenged to pass Todai examination | The Japan Times

Robots challenged to pass Todai examination | The Japan Times:



AI(人工知能)を備えたロボットが発達すると現在人間がやっている仕事をロボットの取られてしまうことになるのだろうか?

数学者の新井紀子氏は(夫はかの有名な新井満)ロボットは東大入試に合格できるかという「東大ロボットプロジェクト」を2011年に立ち上げてやっている。2021年までに合格を目指している。

AIが進化するに伴い人は仕事を失ってゆく、人は今までに無い全く新しい分野の仕事が出来るような教育や職業訓練を受けることが求められてくる。そういう時代への対応として東大ロボット研究を進めている。

現在人間がやっている仕事でロボットが取って代わることが出来る仕事とそうでない仕事を明らかにし、人間に取って必要なテクノロジーを発展させてゆくことが求められる。

現在の東大ロボットは、まだセンター試験で50%を取るまでに達していないが、今後の見通しはかなり良いと新井氏は言っている。

このプロジェクトへは全国の大学の研究者、出版関係、教育関連企業などの参加が増えてきている。また、海外の研究者などへの参加呼びかけも行いつつある。