Hawking: 'in the future brains could be separated from the body' - Telegraph

ホーキング博士によれば、将来は(今はまだできないが)人間の脳をコンピュータに移して保存することができる。
肉体は死んでもコンピュータの中で脳は生き続けることが出来るということのようです。
そんな高性能なコンピュータが登場する時代が近づいている。

彼は、21歳の時に運動神経の病気と診断され、3年の命と宣告をうけた。アクチブマインド(能動的な思考・発想ということかな。天風先生も同じこと言っている)を持てば生き延びられる。ユーモアのセンスを保ち続けることだとも。
彼の友人達によれば、このようなハンディキャップが却って、彼に科学者の頂点にたつことを助けたのだとも。彼はとても頑固(stubborn)であるが、この頑固さが彼の現在の気力を作っている。
Hawking: 'in the future brains could be separated from the body' - Telegraph: